修理で直る場合と部品交換が必要な場合の水のトラブル

修理で直る場合と部品交換が必要な場合の水のトラブル 水のトラブルは実にさまざまなものがあり、大きなものや小さなもの、朝から夜まで、日時もトラブルの度合いもさまざまです。小さなものでしたら、タオルやビニールテープで対応することも可能ですが、水が止まらない、どこから漏れているのかわからず対処できない、水が出ないなど、素人では対応できないような事態が起こったり、さらに目の前でトラブルが進行すると慌ててしまいます。まず水のトラブルとはどのようなものがあるのか、自分で直せるのか、修理業者はどのような基準で選ぶとよいのかという点について考えていきましょう。

■使えなくなることでパニックになる

水のトラブルで困るのは、使えなくなるということです。トイレが詰まって使えない、汚物が流れない、蛇口がひねれない、蛇口をひねっても水が出てこないというのは生活に直結し、非常に困ります。お風呂でお湯が出ない場合は給湯器 交換が必要になることもあるでしょう。
トイレが詰まっていればラバーカップなどで取り出す、時間を置いて様子を見るという対処方法があります。蛇口がひねれない場合、蛇口が壊れたケースでしたら、ホームセンターなどで部品が売っているので、対応できます。ただ蛇口をひねっても出てこない場合、水道管に問題があるのか、蛇口に問題があるのかすぐにわからないので、業者を呼んで修理をお願いする必要があります。
また部品交換が可能である場合でも、知識の無い方が適当に行ってしまうと、後日被害が広がるという可能性もあります。特にトイレのタンクの中はペットボトルを入れて節水をしているという方もいますが、返ってトラブルを招く結果になることもあります。

■あふれ出てくることでパニックになる
水のトラブルで、困ることはまだあります。水があふれ出てくるということです。水道代もかかりますし、床や天井にも影響が出ます。酷い場合は床が抜けることもあります。そのような場合、水道局に連絡することをおすすめします。もちろん水道局は修理には来てくれませんが、場合によっては水道代の減額の相談にのってくれることがあります。もちろんこれらは、水を止める手はずを取ってからの行動になります。トイレでもお風呂でも、水がで続ける時は、水の元栓を閉める必要があります。
ただ一軒家でしたら、自分の家だけの対応になりますが、マンションなどですと、大家さんや管理会社などに連絡する必要があります。水が少しずつ漏れているのでしたら、急ぐ必要はありませんが、滝のように出ている場合は、マンション、アパート住まいの方は管理会社に連絡することが先決です。この場合、管理会社の方から修理会社の紹介、派遣も行ってもらえますので助かります。

■同じ現象でも原因によって対処は違う

水があふれる原因は色々ありますが、蛇口をしめるように、ネジ一本締めれば止まることもあります。トイレでもキッチンでもそうですが、水が通る部分を観察すると、管と管を接続しているネジやナットがあります。これは年数が経過することで緩んでくることがあります。このネジを締めるだけで解決することもあります。また蛇口の中にゴムやパッキンと呼ばれる部品が入っていますが、この部分が劣化して水が漏れることもあります。ホームセンター等のショップでも売られていますので、自分で直すこともできますが、技術が必要である場合もあります。
そしてトイレの詰まりや排水管の詰まりは、薬剤や特殊な器械を使って解決する必要があるケースもあります。ラバーカップを使って試してみることもいいですが、どうしようもない場合は、すぐに修理業者にお願いをした方が被害は少ないです。見極めは難しいですが、まずは水を止めるなどの対処をして、落ち着くことが大切です。

■まとめ
修理で直る部分と部品交換が必要な場合の水トラブルを見極めることは難しいです。トイレの詰まりも、おもちゃがS字部分に引っかかっていた場合、ラバーカップで取り出せれば解決しますが、尿石が溜まっていた場合は特殊な薬剤が必要になります。またトイレットペーパーを多く流しすぎたなどの場合は、時間が解決することもあります。このように同じ症状でも原因によって対処も変わります。慌ててしまうのは仕方がありませんが、まずは落ち着いて対処できるよう心がけましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース